本文へ移動

活動報告

『秋のばら展』初日行事を開催しました。

2022-10-22
注目オススメ
朝早くから会場の準備で忙しくスタートしました。
朝は切りばらコンテストの出品作業受付も忙しそう!
 10月22日(土)9:00~16:30
 8:30集合でしたが。8時には数名の会員は集合し,テントの横幕を外して,『秋のばら展』開催の準備を進めて頂いていました。”素晴らしいパワー”
 今日は,約50名の会員が集合し,『秋のばら展』の運営に携わって頂きました。会場の準備が終わると,「切りばらコンテスト」に出品する会員は,大事に育てたばらを花器へ丁寧に活けて展示作業を慌ただしくされていました。他の会員は,会員受付やコンテスト受付などや名札を配り名簿の管理をする人等,ばら苗販売等を担当する人,盆栽・盆景の水やりをする人,掃除をする人など,細かい指示が無くても作業が進んでいくのにはいつもながら関心しています。
 石井会長や北川副会長は今日の『切りばらコンテスト』にお招きした審査員方との打ち合わせ後に上川内理事長からコンテスト審査の説明をされ,11時からの審査が始まりました。
 昼には,石井会長の『ばら公園散策ツアー』も予定通り実施され,13:30からは,『住友化学園芸(株)の鈴木志門さん』による【ばらの病害虫と薬について】というテーマで栽培講習会が実施されました。最後は集合写真を写して,テントを閉めて解散しました。明日もありますので、ご来場をお待ちしています。
忙しい工程でスタートしました。
革製品を手作りした「前掛け」すばらしい!
切りばらコンテスト
自由花1本の部1位
福山ばら会会長賞
「ばら公園散策ツアー」を開催しました。
約20名の参加を頂きました。
 今年も石井会長の案内者で『ばら公園散策ツアー』を開催しました。ばら展会場でアナウンスして集まった約20名の参加者をご案内してばら公園内の散策の始まりです。石井会長の素晴らしく魅力ある口調に参加者は真剣に聞き入っていました。最後は,『プラモデルは頑張ってすぐ出来上がるが,『ばら』はすぐには結果が出ないので,長い間愛情を持って育てないといけない。』と話されていました。いつもは聞くことが出来ないお話で参加者は満足していただけたのではないでしょうか?
ばら公園の深い話が聞けました。
初日の『ばらの栽培講習会』
ばらに関係深い薬剤のお話です
 13:30~15:00
 テーマ『ばらの病害虫と薬について』
 講 師 :住友化学園芸(株)の鈴木志門 さま
 今年も多くの受講者に参加いただき,テント内が密にならないように人数を制限中のため,テントの外でも聴講いただきました。
病害虫と薬について特徴を詳しく,具体的な内容で説明頂き受講者の皆さんも理解が深まったのではないでしょうか?説明の後も質問が沢山出され,関心の深さが窺がわれます。後半は「水でうすめる薬剤の散布液の作り方」や展着剤がとっても重要という実験も見せて頂きました。。最後は『じゃんけん』で,買った人3名に薬剤の商品が渡されました。
普段はあまり聞けない展着剤の大切さのお話も!
石井会長の講師紹介でスタート
テントの外にも沢山の受講者
カミキリの幼虫防除について
最後はじゃんけんで!
商品ゲットは3名
今日の最後は集合写真
0
6
8
8
4
8
福山ばら会
〒720-0803
広島県福山市花園町1丁目
       ばら公園内
TEL.084-927-9911
TOPへ戻る