本文へ移動

活動報告

2020秋のばら展(1日目)開催状況について

2020-10-24
注目チェック
福山ばら会で前日からテント張や展示品等を準備し、天候に恵まれ1日目が無事終了しました。
10月24日(土)10時~16時
 前日の金曜日9時から、準備に来ていただいた福山ばら会員達でテント張りから始め、販売用ばら苗の準備やバザーの商品展示や切り花展示用の用品準備・ミニ盆栽の展示などの準備を行い、「秋のばら展」初日を迎えました。
 今日は、天候にも恵まれ規模を縮小しての開催ではありましたが、午前の「ばら公園散策ツアー」では石井会長の案内で、集まった約20名のツアー参加者に感動を与える熱心な説明でばらのまち福山の歴史の話から始まり、世界のばらの話や「ふくやま」と名の付くばらの誕生の話やフラワーアーティストニコライ・バークさんに纏わる話、ばらの匂い・香りの話まで、多種多様な話で参加者を飽きさせない話をされ、更につるばらのシュートや剪定・誘引の話まで幅広い話を聴くことが出来ました。最後は、北川副会長にマイクをバトンし、ミニバラの盆栽・盆景の魅力や創り上げるときの楽しさまでが伝わるような魅力あるお話で終わりました。
 午後からは、上川内理事長の栽培講習会「上手なばら苗の育て方」と題しての講習会が始まりました。準備していた椅子が足りない位の約30名の聴講を頂き、ばらの種類と選び方から始まり、剪定時期と開花時期の関係や春の花と秋の花の違い、肥料の種類とやり方、正しい量を与える話やいつも使って効果を確認できた肥料を決めて使う方が良いというポイントや沢山の種類の薬の中から効果のあるものを選んで使う事や今持っている薬も無駄にしないよう効果的に使う話もされ、最後には質問をいくつも受けて、講習終了後の配布苗の接し方までしっかりと参考になりました。
 ご来場いただいた皆様にはありがとうございました。
 
切り花の会長賞(初日)
ばら公園散策集合時
世界のばらゾーンでの説明
福山が付く名前のばらの話もあったよ
ミニばらの盆栽・盆景について
ミニばらの盆栽・盆景の魅力について
盆栽・盆景の楽しみ方の話も
「ばら苗の育て方」講習会
講習会受講者への配付苗
バザー品の販売
ばら苗の販売
0
2
5
4
3
4
福山ばら会
〒720-0803
広島県福山市花園町1丁目
       ばら公園内
TEL.084-927-9911
TOPへ戻る